ヤマボウシの頭巾

ヤマボウシIMG_3004

ヤマボウシです。けっこう大木になったものを見つけました。

ヤマボウシIMG_3001

ヤマボウシは枝が棚状に広がります。花はにょきっと葉っぱから突き出して伸びます。総苞片のひらひらが垂れ下がれば頭巾のように見えそうです。これが山法師(ヤマボウシ)の由来とか。この頭巾(総苞片)の上にある丸いのが集合果になります。

ヤマボウシIMG_3007

木によっては総苞片がかなり白く色づいているものもありました。

ヤマボウシIMG_3008

花がハナミズキみたいですが、ヤマボウシもミズキ科です。ハナミズキは総苞片の先端が丸くなっていますが、ヤマボウシの総苞片は先がとがっているので手裏剣のようにも見えます。

ヤマボウシIMG_3005

ヤマボウシIMG_3006

対の葉っぱが放物線を規則正しく並べたように繋がっています。なるほど葉っぱが棚状に広がる理由が分かります。

ヤマボウシIMG_3003

樹皮はごま粒状の皮目が並びます。成木になってきているためか、樹皮がところどころ剥がれ落ちてまだら模様になっています。

コメントを残す