アベマキの木目

アベマキ断面IMG_2702

アベマキの木口です。樹皮がコルク層が発達して分厚いこと、心材のところに黒ずみができるのが特徴でしょうか。

アベマキ断面IMG_2701

柾目の木端です。トラフになった放射組織がよく見えます。とくに心材のほうにはっきり出ています。

アベマキ断面_テーブルIMG_2706

アベマキで作った机の表面。

アベマキ断面_テーブルIMG_2705

机の裏面側です。虫食いらしき穴があいていますが、裏面だから問題ありません。

アベマキ断面_テーブルIMG_2703

虎斑 その1 美しいのでおまけです。

アベマキ断面_テーブルIMG_2704

虎斑 その2

権現山の山火事あと

IMG_2936

各務原権現山(317メートル)に上りました。権現山は岐阜市と各務原市の両方に山頂があり、各務原のほうです。登り口は伊吹の滝です。

IMG_2937

権現山は2002年に山火事がありました。火災の範囲は410ヘクタールと大規模なもので、権現山の山頂、山腹一帯を広く焼きましたが、14年経ちましたので更新もだいぶんと進んでいると思われます。

IMG_2945

いたるところにアベマキが生えていました。美濃のほうでもそうでしたが、本当にアベマキが多いです。

IMG_2946

アベマキは外見はクヌギそっくりです。樹皮は大きく襞をうち、樹液がこぼれてカブトムシが吸い付きそうなところはとくにそうです。違いといえば、アベマキのほうが葉っぱが少し大きいのと、葉っぱの裏が白っぽいところです。

IMG_2948

少し登っただけで展望が開けてきました。このあたりから樹高が気持ち低くなってきています。写真奥のほうに名古屋駅の駅ビルがちょこっと見えます。

IMG_2949

緑のトンネルは空から光がよく届いて明るくなります。

IMG_2950

やはりこれもアベマキですが、ひこばえが飛び出して来ています。直径20センチもないぐらいの若い木です。こんなにも萌芽力のある樹木だとは意外です。

IMG_2951

リョウブです。最初は樹皮の様子からナツツバキじゃなかろうかと見立てていましたが葉っぱがまるで違いました。

IMG_2952

リョウブの葉っぱは鋸歯がナツツバキより大きめで、葉っぱの先ほど幅広になる形をしています。

IMG_2953

これはリョウブの葉っぱの裏側。薄い緑色が若干てらてら光る感じがします。ちなみにナツツバキもリョウブも落葉しない常緑広葉樹です。

IMG_2955

頂上あたりまで来ると、空が広くなります。

IMG_2958

展望台から養老山脈がよく見えます。

IMG_2959

焼け落ちた木が転がっていました。ずいぶん生々しいですが本当に2002年の山火事で焼かれたものなのでしょうか。

IMG_2961

向こうに見える山も権現山(岐阜権現山)です。中腹より上側斜面の樹木が大きくなっていない感じがします。岩肌がところどころに露出しているように見えます。

IMG_2962

山火事の調査の後が残っています。山頂付近で焼かれた樹木が残っていました。樹皮のようすからアカマツでしょうか。

IMG_2966

見つけたカヤです。麓の伊吹の滝付近で見つけました。葉っぱは触るとちくちくします。

IMG_2965

これはアカマツの花。左は雌花のまわりに雄花がいっぱい取り囲んでいます。少し揺さぶると雄花の花粉が飛び散ります。

IMG_2963

下山途中で焼かれた樹木を見つけました。これはコナラでしょうか。わずかに樹皮の様子から想像するしかありません。上りでは気がつきませんでしたが、下りを歩いていると谷側に目が向くからでしょうか。

 

工作用の作業台

IMG_2932

工作用の作業台を作りました。キャスター付きです。これまでの作業台は机上がつるつるしすぎてクランプが止まりにくくて使いにくいものでしたので作りました。

IMG_2935

裏向きにします。実は折りたたみ式になっています。背板を使って脚を固定します。この背板を外すと脚を折りたためます。

IMG_2934

天板の裏側を見るとこちらの通り、丁番で脚が固定されています。

12樹種を断面で判断する

①ホオノキ

①ホオノキIMG_2880
ホオノキは、心材のほうほど緑色が濃くなる。切った直後はも黄緑色に近いとか。

①ホオノキIMG_2882
ホオノキ 木口

①ホオノキIMG_2883
ホオノキ 木端

②ケヤキ

②ケヤキIMG_2924
木目がはっきりしており、大きな道管が年輪に沿って連なっています。心材と辺材を区別しやすい。

②ケヤキIMG_2925
木口 大きな道管が年輪に沿って綺麗に並んでいます。

②ケヤキIMG_2926
木端 大きな道管がはっきりと分かるラインを見せています。

③イタヤカエデ

③イタヤカエデIMG_2921
木目が細かく、肌がなめらかです。所々にテラテラと光る部分があり、角度を変えるとよく分かります。また所どことに年輪ではない筋が走っています。

③イタヤカエデIMG_2922
木口

③イタヤカエデIMG_2923
木端

④ヤマザクラ

④ヤマザクラIMG_2890
肌理が緻密でなめらか。薄いピンク色をしています。所々に横縞(繊維を横切る方向に走る)が現れます。また途切れたように走る茶色い筋も見えます。

④ヤマザクラIMG_2892
木口

④ヤマザクラIMG_2893
木端

⑤キリ

⑤キリIMG_2894
柔らかく軽い木です。バルサほど軽くはありませんが、それに近い印象を持ちます。

⑤キリIMG_2895
木口 大きな道管が年輪やそれ以外のところにも目立ちます。

⑤キリIMG_2896
木端

⑥シラカシ

⑥シラカシIMG_2897
堅くて重い木です。カンナに使われています。アカガシもカンナに使われますが、アカガシを使ったものは高級で、色も赤みを帯びています。

⑥シラカシIMG_2899
木口 放射組織(右上方向に走る白い筋)がよく目立ちます。それに比べて年輪(右下方向に走る縞)は不鮮明です。

⑥シラカシIMG_2900
木端

⑦ブナ

⑦ブナIMG_2901
断面はベージュ色をしています。雨粒のような斑点が見えます。所々、赤みがかった部位が見えます。

⑦ブナIMG_2902
木口 ブナもまた放射組織が見えます。

⑦ブナIMG_2903
木端

⑧ミズナラ

⑧ミズナラIMG_2904
心材は赤みがかり、辺材は白っぽい。道管が群れをなして波の形をして並んでいます。全体としてうり坊の縞模様のような印象です。

⑧ミズナラIMG_2905
木口 大きな道管が年輪に沿って綺麗に並んでくっきり見えます。また放射組織(右上方向に走る)が現れます。

⑧ミズナラIMG_2906
木端 道管の太さがそのまま溝のようになって現れています。

⑨クリ

⑨クリIMG_2907
断面は薄いベージュ色です。道管が板の表面をひっかいた傷のように見えます。また鎖線のように途切れて続いているのが分かります。

⑨クリIMG_2908
木口 年輪がはっきりみえます。年輪にそって道管がグラデーションを付けて並んでいるのが分かります。

⑨クリIMG_2909
木端

⑩ヒノキ

⑩ヒノキIMG_2910
ヒノキ独特の香りで分かります。とくに節のところが強いかもしれません。年輪をなす秋材部分の線はスギに比べて細くシャープな印象です。また色合いは黄白色で、スギよりも色白な印象を持ちます。

⑩ヒノキIMG_2913
木口

⑩ヒノキIMG_2914
木端

⑪スギ

⑪スギIMG_2915
ヒノキに似ていますが、柔らかく軽い木です。香りはさほど強くありませんがスギらしい香りがしてきます。秋材の幅がヒノキより太く、太いペンで書いたような途切れのない筋が見えます。また材の通直なところがまっすぐな線にも現れています。

⑪スギIMG_2916
木口 秋材の幅がヒノキに比べて太いことがよく分かります。また材の柔らかさのためか、ところどころにはぎ取られたような引っ掻き跡がついています。

⑪スギIMG_2917
木端 柾目をみると年輪幅が大きいせいか、秋材の筋が疎になっているのが分かります。

⑫カラマツ

⑫カラマツIMG_2918
赤みがかっています(とくに心材のほうが赤いらしい)。材はスギより固めです。

⑫カラマツIMG_2919
木口 年輪に沿って見える秋材が滲んだような幅を持っています。ヤニを多く含んでいるからでしょうか。

⑫カラマツIMG_2920
木端

カツラ、エノキ、ムクノキ

IMG_2696

カツラです。樹皮は荒れ肌のように剥がれが目立ちますが、幹はまっすぐ伸びよい材がとれそうです。幹の途中からもハートの形をした葉っぱが沢山出てきています。

IMG_2697

芽吹いたばかりのエノキの葉っぱ。葉脈が完全な左右対称になっていません。茎が少しジグザグしていますが、これがこの木の枝分かれし易さとも関係しているのでしょうか。

IMG_2698

ムクノキの若い葉っぱです。葉脈はきれいな左右対称になっています。この葉っぱは研磨剤に使われるとのことですが、そんなざらつきは全く感じさせません。

IMG_2699

これから10の樹種を憶えます。色合い、年輪や木目、ニオイ、重さなどから判定できるそうですが、かなり難しいです。それでもキリとカシはすぐに分かりました。

##

IMG_2700

ちなみにこれは先日背割れを入れたばかりのヒノキ。背割れがこんなにも広がっています。角度でいうと6度ぐらいです。

 

ヒノキに背割れを入れる

IMG_2690_2

ヒノキを玉切りします。上部を押さえつけ、下から切り上げる装置です。一見すると歯は水平に動く糸鋸のように見えましたが、実際は大きな丸鋸でした。

IMG_2691

切った断面はすべすべですが、まだ水分を含んでいるためしっとりしています。ヒノキの香りがツンとします。厚さ12ミリでカット。

IMG_2692

今度は帯鋸で背割れを入れます。フタを空けると巨大なプーリーが見えます。このプーリーを持ち上げる仕組みがあり、それをするとたるんだ帯鋸がピンと張ります。

IMG_2693_2

最初は緊張します。恐怖のためか、へっぴり腰になっている人もいます。

IMG_2695

背割れを入れたあと、質量を量りました。145グラムです。乾燥するに従い水が抜けて軽くなっていくはずです。

地拵えと植栽

IMG_2684

郡上・高鷲(たかす)にて地拵え(じごしらえ)の演習。山の中腹にある枝葉が巻き取って落としてきたもの(巻き落とし)。全員が横一列に並び、かけ声を合わせて行います。まくり棒はその場にあった木々を鉈で成形します。

IMG_2686

ヒノキの苗木400本。25本ずつ苗木袋に入れてあります(全16袋)。

このあと植栽を行いました。2メートル間隔の正方形植えにより400本を植栽すると0.16haの計算になります。

※この間隔だと、1haあたり2500本必要になります。

演習林の散策

IMG_2667スギ苗

スギの苗がコンテナを使って育てられています。これは1年目のもので、樹高は10~20センチの間です。

IMG_2668スギ苗

こちらは挿し木で植えられたスギの苗。

IMG_2673演習林_皆伐地

何年か前に皆伐された所です。ここは急斜面だったため架線集材がなされたそうです。

IMG_2674スラッシュマツ

そういえばチョウセンゴヨウではないかと当て込んでいたマツはスラッシュマツでした。スラッシュマツは米国原産で、30メートルぐらいまで真っ直ぐ成長するマツです。残念ながらヤニが多すぎて、最近は用材としては不向きとされているようです。

IMG_2677スラッシュマツ

スラッシュマツの切り株を見ても、樹皮の分厚さがよく分かります。

IMG_2681ウラジロとヒノキ

100年生ぐらいの見事なヒノキ林です。間伐されているので空も明るく、林床に広がるウラジロも木漏れ日を受けています。

IMG_2680ウラジロ

林床を見るとウラジロの鎌首がにょきにょきと飛び出しています。

IMG_2683ソヨゴ

鉄塔(標高340メートルぐらい)付近で見つけたソヨゴの枝。これは常緑広葉樹ですが、葉っぱの寿命はどれぐらいか?というクイズが出されました。

茎から伸びる多数の葉の単位をシュートと呼び、これが一年で伸びる区間とみなせます。これを先端から数えて3シュート目の区間には葉がついていないことから、葉の寿命は最長2年ではないかと推定されました。