かわいらしい洲本城

IMG_2164

徳島を後にして淡路島にきました。淡路島の探訪は一カ所、洲本城跡です。 ナビが道を見失いアプローチが分からなかったので役所の観光課にきいたらホテルニューアワジから上る道があると教えてもらいました。

IMG_2171

石垣を見上げるといくつもの大木の根株が突き出していました。生きたままにしておいたら石垣を崩してしまうでしょう。

 

IMG_2172

根が石垣の岩を抱きかかえているように見えます。

IMG_2179

これが洲本城の天守閣。小さくて拍子抜けしましたが、可愛らしくて良いと思います。

IMG_2185

天守閣のある所から展望です。日暮れどきだったからでしょうか、城跡には私以外誰もいませんでした。

美馬市のうだつの町並み

IMG_2119

オデオン座のある脇町にはうだつの町並みがあります。うだつとは2階の側面から突きだした袖壁です。隣家の火事から逃れる、火よけの役割にもなっていたそうです。そういえば、岐阜県美濃市にもうだつの町並みがあります。美馬市と美濃市にはなにか共通点はあるのでしょうか。

IMG_2132

町並みはこの通り。全部で85棟の建物が並んでいるそうです。

IMG_2126

うだつが小部屋のようになっている家もあります。

IMG_2144

うだつが2階建てになっています。かなり大きな家でした。

オデオン座の見学

IMG_2103

徳島県美馬市脇町にあるオデオン座にいってきました。建物を見学しただけで、見学料は200円とお安いものでした。

IMG_2104

1階席はパイプ椅子になっています。

IMG_2114

2階席はぐるっとコの字型に広がっています。

IMG_2116

急な階段を降りていくと奈落を見ることができます。

IMG_2117

奈落から上を見上げると1階の縁の下がよく見えます。木造作りだということも確認できます。

祖谷渓の鋭い刻み

IMG_2059

吉野川の渓谷といえば大歩危小歩危(大歩危峡、小歩危峡)ですが、観光地化が進みすぎて、秘境といった感じを求めるなら祖谷渓のほうが楽しめます。

IMG_2061

眼下を流れる川は祖谷川(いやがわ)で、吉野川の支流です。とくにこの場所はひらがなの「ひ」の字に見えることから「ひの字渓谷」とも言われています。

IMG_2067

このあたりは春は新緑に包まれ、秋は紅葉に染まるそうです。このときはまだ芽吹き始めたばかりで、緑が少ないです。

IMG_2062

谷間の刻みが深くて、山がいっそう高く見えます。

吉野川の吊り橋

その1

IMG_1999

大歩危小歩危に向かう途中、祖谷(いや)川にかかる吊り橋を幾度かみかけました。祖谷川は吉野川の支流にあたります。この橋の名前は分かりません。

IMG_2001

橋の歩道がグレーチング(溝蓋)でできています。

IMG_2004

##

その2

IMG_2009

これは赤川橋です。

IMG_2017

歩道が木の板でできています。歩くとヒビが入るような音がして怖くなったので引き返してきました。腐りがきているような気がします。

IMG_2016

##

その3

IMG_2044

これはちょっと変わったタイプです。祖谷ロマン橋というそうです。これも吊り橋の一種といえましょうか。太いパイプを弧状にして橋をつり上げています。

IMG_2047

橋を歩いてみるとこんな感じです。パイプの柱は傾いていません。

IMG_2049

橋の向こうにはコースターがあります。

##

その4

IMG_2100

これは大川橋です。古くなったので、もう人しか渡れないようにしてあります。

IMG_2097

床板が古くなっています。歩くと音がするので、底が抜けないか心配しました。

IMG_2098

 

 

別子銅山の遺構

IMG_1946

新居浜の山地あるマインとピアにいってきました。別子銅山の跡地のことです。1973年に閉山した鉱山で、住友金属鉱山が経営していたそうです。この日は早く来すぎて博物館のほうがあいていませんでした。9時からだそうです。仕方ないので、自由に見られる遺構はないかと聞いたら親切に教えていただきました。

IMG_1957

遺構はなんとそこから10キロ離れたところで、山の上にありました。東洋のマチュピチュと言われているそうです。博物館で見るより大変ですが、迫力があります。

IMG_1967

横から見るとこんな風景です。

IMG_1963

これは貯鉱庫跡。坑内から運び出された鉱石が使用されるまでここで貯蔵されていたそうです。

IMG_1969

激しく崩れています。元々なのでしょうかこの40数年で風化したのでしょうか。

IMG_1959

これはインクライン跡で、本来の姿は、トロッコだったようです。生活物資などを引き上げたりするための道具だったそうです。今は観光客用に220段の階段になっています。

IMG_1986

駐車場が小さな公園になっており、コブシのつぼみが可愛く膨らんでいました。

IMG_1978

これはセイヨウシャクナゲ。ものすごい豪華に咲くのでしょうか、楽しみです。