虹の松原

IMG_0688

唐津の海岸には東西に長くのびる砂浜があります。ここに「虹ノ松原」と呼ばれる松の国有林が広がっています。その規模は幅約500 m、長さ約4.5 km 、日本三大松原の1つに挙げられています。海岸沿いですからクロマツでしょうか。ここには約100万本あるそうです。松原の中に入っていくと、多くは陸に向かって傾いていました。海から吹く風のせいでしょうか。

IMG_0691

松原の途中に海に抜けるパスがいくつかあります。それを探して抜けるとこんな風景が。松原は円弧を描くように広がっていました。

住所:佐賀県唐津市鏡

吉田松陰を育てた萩

IMG_0666

江津をあとにして萩を訪ねました。萩には吉田松陰を奉じた松陰神社があります。薩長が核になった明治維新は吉田松陰が思想的な背景になっています。土佐の坂本龍馬も吉田松陰から刺激を受けて脱藩を企てました。

IMG_0670

松陰の生誕地は小高い丘の上にあります。ここから萩の町を一望することができます。偉人が生まれた場所は風景も素晴らしいと思っていましたが、ここに来て合点がゆきました。

IMG_0668

これは松陰を厳しく育てたと言われる叔父の玉木文之進(たまきぶんのしん)の宅だそうです。松下村塾は松陰が有名ですが、創始者は玉木文之進でした。「松下」は出身地の松本村に由来しているそうです。本も下も「もと」と読みますね。松の木の下という意味ではありません。

IMG_0676

萩の市内の中心部にさらに入っていくと明倫館があります。ここには道場の一部があるだけで、もとは大学のキャンパスのように大きな敷地に多くの建物が建っていたようです。年齢でいうと8才から24才まで、今なら小学生から大学院生までが一緒になって学んでいたとのことです。

 

 

上有福の大イチョウ

IMG_0622

石見銀山から西に向かって走ること1時間、有福温泉という町に大イチョウがあります。ガイドの地図には昔の住所しかなく、ナビだけでたどり着くのは困難でした。郵便局のお兄さんに聞き、たまたま農作業をしていた方に聞いてたどり着きました。

IMG_0627

樹高12メートル、胸高周囲10メートルほどの大木です。

IMG_0625

根元から2本に分かれています。二本のイチョウがくっついて育ったものと思われます。

グーグルで確認した住所:島根県江津市有福温泉町546